キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 レンタルサーバーの契約方法 : レンタルサーバー比較徹底知識

レンタルサーバーの契約方法

レンタルサーバー比較徹底知識のメイン画像

レンタルサーバー比較サイトでどのサーバーにするかを決めたら、契約しましょう。契約はオンライン上で簡単にできるようになっています。

レンタルサーバーの契約方法

レンタルサーバー比較サイトで自身の目的に合ったレンタルサーバー会社やプランが見つかったら、契約手続きをします。

ほとんどの会社ではインターネット上で契約手続きができるようになっているようです。

《ドメイン名を決めて登録》

ドメインはインターネット上の住所のことですが、重複する住所が無いのと同じで、世界に一つしかないものです。

メールアドレスやホームページアドレスに使われている×××.comや〇〇〇.netなどがそうですね。

最近ではオリジナルのドメイン名が登録できるので、会社やお店などの宣伝にもなります。

《関連付けをする》

オリジナルのドメインを取得しても、それをホームページで使えるようにしなければなりません。

それがDNS設定です。

これは、レンタルサーバー会社が代行してくれることがほとんどなので、どうすれば良いのかわからないと不安がある人も大丈夫です。

しかし、レンタルサーバーの契約とは別のドメインを取得した場合は個別にDNS設定をしなければならないので、マニュアルやサポートサービスを利用すると良いでしょう。

《契約は簡単》

契約方法は複雑なものはなく、オンライン上で簡単にできますのでインターネットができる人なら心配はありません。

レンタルサーバーによってサービス内容が違いますので、サービス内容や初期費用、月額料金などをレンタルサーバー比較サイトなどで比べ、じっくりと検討して決めるようにしましょう。

初心者でも扱えるものから上級者でないと扱いが難しいものまでありますので、よく確認してから決めましょう。