キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産売却を行うための流れについて確認しよう②買取 : 七ヶ浜の不動産売却特集

不動産売却を行うための流れについて確認しよう②買取

不動産売却の方法として買取もあります。買取の最大の特徴は、買主が一般の顧客ではなく「不動産会社」というところにあります。

不動産売却を行うための流れについて確認しよう②買取

不動産売却の方法として「仲介」を紹介しましたが、「買取」について説明します。

どちらの方法がご自身の不動産売却に向いているかを確認しましょう。

《買取による不動産売却とは》

買取の最大の特徴は、買主が一般の顧客ではなく「不動産会社」というところにあります。

相場をもとに、不動産売却をしたい業者を決めて直接売り渡すことになります。

どのぐらいの金額で売却されるか、複数の業者の見積もりを確認する事前のピックアップが重要といえるでしょう。

《買取の流れ》

買取による不動産売却を希望した場合には、業者探しから始めます。

ネットの査定などで業者の絞り込みを行います。

大手が安心という人もいますが、小さな業者でも地域密着型のところの方が適正価格で査定してくれる場合もあります。

業者を決めたら、正式に査定依頼を行います。

査定金額に納得したら、直接業者と契約を結ぶことになります。

売買契約が成立しましたら、業者は売主に現金で売却金額を支払います。

同時に物件の引き渡しが行われ終了となります。

《仲介と買取の違い》

買主が「個人」か「不動産販売業者」かというのが最大の違いになります。

また、買取は業者が販売活動を行う必要がありません。

物件を収得した後は、業者はリノベーションなどを行い好きな時期に好きな値段で販売が出来るということも大きな違いでしょう。

また、買取の場合は契約が成立してからの現金化のスピードが早いということも特徴の一つです。